読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫に小判、抹茶に羊羹

役に立つことは多分ない。美味なるものには毒がある

高齢者事故報道の嘘

高齢ドライバによる事故が急激に増えていて、事故率も高いかのようなイメージ報道がキャンペーンのごとく行われている。これも疑問だらけである。

https://www.npa.go.jp/toukei/koutuu48/before/hasseijokyo/PDF/H26hasseijokyo.pdf

の、25ページの図を見ると一目瞭然で、免許保持人口あたりの事故率でみれば、30歳以下の若者が圧倒的に多く、それ以上の年齢では事故率はほとんど変わらない。ただ、免許保持人口が増えている分だけ、お年寄りの方が事故件数は多くはなる。

 そのすぐ下の死亡事故件数は多いではないかという指摘もあるだろうが、事故件数との数字を比べればわかるとおりで、絶対値が桁違いに少ないのだ。

 

 また、交通事故死者数を引き合いに出すことも良く行われるようだだ。

http://www.garbagenews.net/archives/2047698.html

 このように、お年寄りの死亡事故を大きく扱うのだけど、ずっと下の方までいって、状態別の資料を見ると、実は「歩行中」や「自転車乗車中」・・恐らくは被害者となって亡くなっているケースが半分以上だということがわかる。

 

 さて、更にここから駄目押しをする。お年寄りの運転で、信号無視などが多いことから、認知機能の低下と結びつける傾向が強い。先のリンク先でもそんなことが書いてあったりする。が、ここで日産が面白いレポートを出している。

http://www.nissan.co.jp/INFO/AUTO_TRANS/AUTO_TRANS99/PDF_J/p12_13.pdf

最後のまとめのところだけ見ても良いと思うけども、

女性ドライバの事故の特徴は

「昼間」に「交差点」で
「直進(等速)」「右折」時に
「信号無視」「安全不確認」等を犯し
「自動車」に「出合頭」ぶつかる。

ということ。一方で、高齢ドライバの事故の特徴は

「昼間」に「交差点」で
「直進(等速)」「右折」時に
「信号無視」「一時不停止」等を犯し
「自動車」に「出合頭」ぶつかる

ということで、両者は非常に良く似ている。ほとんど同じといって良いくらいだ。

「このような特徴が出る原因を、加齢に伴ない視界中の信号や標識を認識できなくなるせいではないかとしていたが、女性ドライバーは若いうちから特徴が出ており、原因が違う可能性がある。」

と、まとめで触れているとおり、原因は加齢によるものではない可能性を考えるのは当然のことだが、そのような発言は少なくともテレビなどでは見かけない。あくまでも加齢のせいだと決め付けているのは何故だろう。「女性下げ報道は禁物」ということなのだろうか。そういえば、加齢臭騒動も、実は女性のほうが加齢臭が強いとわかったとたんに一気に沈静化して、今度は「男脂臭」だなんて変な言葉を作ろうとしていた。どこまで卑怯なのだろう。

 それはともかくとして、一番最後に触れている

「いずれにせよ、赤信号や停止線に対応した自動ブレーキシステム等のITS技術は有効と思われる。」

というあたりにお金の臭がしてくるのは読みすぎではないだろう。